2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

ゆばちゃん、天国へ。

6月8日19時頃、ゆばが天国へ逝きました。

ずいぶんと苦しい時間を過ごさせてしまいました。

P_20160607_232848.jpg


P_20160608_154551.jpg


始めのうちは効いていた鎮静剤も
日中使用するようになると
なおさら効き目がでにくくなり
これ以上飲ませると
心臓が止まる危険性があるギリギリの量を使うようになっていました。

薬が効いていれば穏やかに
ぐっすりと眠らせる事ができましたが

P_20160607_235632.jpg


P_20160607_235639.jpg

ひとたび薬が切れると
何時間でももがき反り返り
タオルを食いちぎるほどの力で食いしばる。

みるみる軽くなっていくからだ。
擦れて皮膚がはがれ血だらけになるからだ。
息を切らし
よだれまみれになり
苦しいよと言っているようにも聞こえる小さな声で
ヒヨヒヨと鳴き続ける。


ごはんも水も
ほとんど食べることができなくなってきて
これ以上頑張らせることは
苦痛を与え続けることは
もうできない。

悩んで悩んで
もっと早く決断すべきだったと思ったのですが
自然死ではない方法を取りました。


このままでも
今週いっぱいは持たないだろうと思いましたが
苦しみ、もがき続け、体力がなくなり、衰弱死を待つなんて
そんな残酷な選択は
できませんでした。


急に出始めたてんかん発作のような症状。
ちょっと変だなと思い始めたのは
ひと月半ほど前のこと。
全く立てず、歩けなくなった時期と同じだったと思います。

それでもご飯をしっかり食べていたので
それほど気にせず
認知症が進んでしまったのかと思う程度でした。

てんかんのような発作症状は
老化による脳の器質的な変化だろうと
そんな程度しか予測はできませんが
日を追うごとに明らかにひどくなる症状は
私を全く認識してくれなくなったことで
もう終わりが近いんだと
覚悟ができましたが

抱いても、撫でても、苦しみをとってあげられないのに
私の意志や気持ち、価値観を優先させることは
ただのエゴだと思いました。


ゆばちゃん、これでよかったなんて思ってないけど
もう苦しみからは解放されたよね。

苦しかったよね。
辛かったね。

もっと早く決断できていれば
もっと早く行動できていれば
こんなに苦しむ事もなかったね。

でもその決断はなかなかできなかったんだよ。

ゆばちゃん、あなたが作ってくれた
色んな人とのつながりは
感謝しても感謝しきれないほど
大切なものになりました。

ゆばちゃん、家にいた2年半は
どんなでしたか?

少しは楽しい思いができましたか?

不自由な身体を捨てて
たくさん走り回ってますか?


ゆばちゃん、あたしの娘になってくれてありがとう。





スポンサーサイト
[ 2016/06/09 19:50 ] ゆばちゃん | TB(-) | CM(-)