2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老犬に愛を。

ご支援のお礼から。

福島県いわき市 W様
トイレシートワイドサイズ

いつもありがとうございます。
療法食を与えている子がいるので
おしっこジャージャー。
シートがいくらあっても足りませんでした(^_^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~


このブログでも何度か登場していますが
捨てられ、通行人に拾われ、病院に持ち込まれた
お姐さん改め珠ちゃんが
2月15日の夕方
天国に逝ってしまいました。

記事
お届けしたときの記事→お姐さんお届け
シャンプーしたときの記事→お姐さんシャンプー

2月に入って急に体調を崩し
預かりさんから里親さんになってくださったご家族が
一生懸命介護をしてくださっていましたが
残念ながら天国へと旅立ちました。

珠葵
という名前をもらって
498日。

愛情いっぱいに過ごせた498日でした。

12736127_782614571844324_110051626_n.jpg


12751639_782614351844346_600301883_o.jpg


12755132_782614915177623_1633864397_o.jpg

いただいた写真。
先住の子が、さみしがっているそうです。
かけがえのない家族だったんだね・・・

珠ちゃんは
拾われた時から
すでにシニア犬。
とても大人しく、優しい、本当にいい子でした。
ただ
両方の乳腺を全摘されていて
悪性の乳腺腫瘍があったのだろうくらいしか分からないような
過去の病歴なんてほとんど分からない状態でした。

そんな珠ちゃんを
優しく迎え入れてくださった里親さん。
どんな時もそばにいてもらえて
臆病な珠ちゃんにとっては最高のおうちでした。

拾われた時からすごくきれいで、大きな手術も受けているので
飼い主はきっと探しているのだろうと思いましたが
飼い主は探しておらず
きっと、捨てられてしまったのだろうと思います。

シニアになって捨てられてしまった珠ちゃん。
それでも
本当に幸せな最期を迎えられたのだと思います。


短い間だったけど
珠ちゃんを大切にしてくださったこと
本当に感謝しています。

里親様には、ラッキーの捕獲の時も
たくさんご協力していただき
ご支援をいただいたり
お酒をいただいたり
与太郎が亡くなった時にお花をいただいたり
珠ちゃんの事だけではなく
たくさんのお力添えをいただきました。


いつも明るい里親様ご家族
私にとっても
本当に心の支えになっていただいていました。

珠ちゃんをおくるその日
私も立ち合わせていただきました。

生前
たくさんの愛情に包まれていたように
天国へ持っていく
たくさんのお土産をもたせてもらえてました。

優しい家族が見つかってから498日。
数字にすると
たった498日。
やはり
短いと感じてしまいます。


シニア犬ですから
いつ、どんなことがあるか
誰にも分かりません。


一緒にいられた時間が長ければ長いほど
思い出が増えるのは当然です。

でも
その思い出の重さや愛情の深さは
日数ではないこと
数字には表せないこと
身に染みて
感じています。


大切なわが子になったのだから
できるだけ長く、一緒にいたいと思うのは当然のこと。

若ければ、その時間は長くなる。

年をとっていれば
その時間は、若い子に比べたら短くなる。


時間だけみれば
若い子の方が好まれるのは
仕方がないことです。


もちろん、病院に通う事も増えるでしょうから
金銭的な事情もあるとは思いますが
一緒に過ごせる時間が短いシニア犬を
家族に迎えようと思う方は
すごく少ない。

里親会でも
「年を取ってる子は、すぐにお別れが来ちゃう・・・」
そう言われることはしょっちゅうです。

命あるものはいつか死が訪れます。

だからこそ、最期の時こそ
愛情に包まれた最期を
迎えさせてあげたい。


ほんの少しの時間でも
その子にとって
幸せな時間であることに変わりはなく
年をとって
いらない子
と捨てられて
絶望の淵にいる子達は
たくさんいます。

シニアと分かれば
どんなにいい子でも
差し出される手がなくなり
短くても
明るい未来を見ることができない子達は
たくさんいます。


現時点では
珠ちゃんの里親さんのような方は
ごくごく少数です。

でも
ちょっとの間でも
年をとった子たちに
幸せを。

飼い主にとって
別れは辛いけど
その子にとって
そのちょっとの間の幸せが
どれだけ大きなものであるか

ちょっとだけ
考えを変えて
命と向き合っていただければ・・・


珠ちゃんは
捨てられて
大嫌いな病院に置いて行かれ
絶望の淵にいるところを
優しい大きな手を差し伸べてくださる方が現れ
短い時間でしたが
幸せな時を刻むことができました。

たった498日。

その498日の中には
珠ちゃんにとって
あふれるほどの愛情と思い出が入っています。


もちろん
里親さんにとっても
大切な時間の思い出であふれています。


老犬にも愛を。


私たちにとって短くても
老犬にとっては
かけがえのない
大切な時間。

少しの時間を
老犬にも分けてください。


珠ちゃん、安らかに。
あなたは本当にいい子でした。
かわいい子でした。
優しい子でした。












スポンサーサイト
[ 2016/02/19 20:30 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。