2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

ご支援のお礼と、シニアライフその①

トイレシートのご支援をいただいています。

福島県いわき市 W様
デオシート スーパーワイド、ワイド、レギュラー

お名前不明
クリーンワン スーパーワイドサイズ


与太郎が寝たきりになってから
トイレシートの消費量が恐ろしいほど増えました。

といとい、りーちも
たくさん遊んでたくさんお水を飲むので
おしっこばっかりします

大変助かります。

また、ほしいものリストから送ってくださる際は
ギフト設定にしていただくと物資にお名前が表示されます。
お名前はイニシャルにしてブログに載せていますので
ぜひ、ギフト設定にしてください。


~~~~~~~~~~~

愛おしいシニアたち
中でも
介護が必要な
ゆばばと与太郎のシニアライフ。


ゆばばは相変わらず
夜鳴きをして
気が済むと
満足げに眠る生活を送っています。

一時期
ご飯を食べなくなって
このままスッといなくなっちゃうのか?!
と思った時期があったのですが

現在は
なかなかしっかり歩くようになり
ご飯もよく食べるようになってきました。


IMG_1869.jpg


元気になってきて
夜鳴きも元気にするので
母ちゃんは寝不足で寝不足で・・・


IMG_1874.jpg

ゆばちゃんは
今までご飯を器から食べていたのですが
ここ最近は
器に乗っているご飯より
落ちたご飯を好んで食べるようになり
こうしてご飯は直置きのご飯を好んで食べています。

ふやかしよりも
ドライが好き。


一方
与太じいは
ドライの類は一切食べません。
缶詰をペースト状にしたものを好んで食べます。

今までのご飯をあまり食べなくなったので
缶詰をちょっと変えたら
昨日はひどい下痢をして
大変なことになってしまいました。

与太じいめしは
ユカヌバIアシストの缶詰とa/d缶を
3対1の割合で混ぜて
それにお湯を足して
ペースト状にします。

この割合を変えたり、缶詰を変えると
高確率で下痢をします。

IMG_1870.jpg


好きなものをあげようと思ったのですが
下痢になっちゃうと
体力と水分が奪われちゃうので
今までのご飯に戻すことになってしまいました。

やはり
食べは悪いけど
口に入れてあげればそこそこ食べてくれるので
まぁこんなもんかなと。

だんだん
圧迫排尿のタイミングがつかめてきて
おもらしで体が濡れてしまう事が減ってきました。

昨日は下痢で汚れちゃったけども。。。


犬もシニアになると
人間同様
こだわりというものが強くなる傾向にあります。
頑固になるという方がしっくりくるかな。

ゆばちゃんは
敷物にしわがあると
とたんに不機嫌になる。

これはつい最近始まった頑固。

そのこだわりに付き合ってあげるのが
母ちゃんの役目かな。

試行錯誤して
あれでもない、これでもないとトライ&エラー。

水の位置とか高さとか
間違うとバシャーっとこぼされちゃって
ゆばちゃんびしょ濡れとか。

前はよくありました。

今はやっと
安全地帯を見つけたので
びしょ濡れって事はなくなったけど。


快適シニアライフのための試行錯誤は
私にとってはちょっとした楽しみかも。

ご飯は特に
こだわりが出やすいところです。

介護状態の犬のご飯には
これといった決まりはなくて
その子の好みと体調にあったご飯を選んであげるのが一番いいかと思います。

ただし
しっかり水分補給はしてあげましょう。

寝ている時間が多いシニア犬は
脱水になりやすいです。
こまめに水分補給をしてあげてください。

うちでよく使うのは
ポカリを水で薄めたものや
ペットスウェット。
シリンジを突っ込んで飲ませていますが
おいしいので
よく飲んでくれます。


飲んだらしっかりおしっこも出るので
代謝もよくなり
体調管理がしやすくなります。

簡単に脱水状態を見られるのが
首の後ろを軽くつまんで
つまんだところがスッともとに戻るか
つまんだまま、しばらくもとに戻らないか
を見てあげましょう。

もとに戻りにくいと
それは脱水を起こしているかもしれません。

定期的に、脱水を起こしていないか
かかりつけの先生に診てもらうのもいいかもしれません。

脱水が一番の敵。
必要に応じて
輸液しましょう。

寝たきりの子は特に
脱水が命取りになることもあります。
寝たきりになると
こまめに体転が必要になるので
その時に水分補給をするのがいいと思います。

仰向けの状態での水分補給は
誤嚥の原因にもなるので
仰向けでの水分補給はNGです。


重要要の寝たきりの子の体転。

ひっくり返すイメージ
ではなく
一度伏せの状態にするイメージで
体転するのがベストです。

お腹を上に向けずに
お腹は常に下向き。

お腹を上に向けると
内臓に負担がかかります。

さらに介護マットの下にタオルを入れて
頭の位置が少し高くなると
内臓への負担が軽減されます。

くれぐれも
直にタオルを入れるのではなく
介護マットなど
体圧を分散してくれるマットの下に入れましょう。

顔にも褥瘡はできてしまいます。


シニアライフその①
基礎編でした~。

続くかもしれないし
続かないかもしれない。

不定期開催です。

せっかく専門職についているので
もっと情報を発信できればと思いますが

まずは基礎からと言う事で。


与太じい、低空飛行なりに元気です。
年を越せたらうれしいな。

ゆばちゃんは
すこぶる元気です。
まだまだって気がしてます。

母ちゃんは
すこぶる寝不足です。

明日は休みなので
少し寝たい。


ムリかなぁ~(^_^;)








スポンサーサイト
[ 2015/08/20 00:06 ] 与太郎くん | TB(-) | CM(-)