2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

フィラリア症で・・・

世間は連休だったようです。

連休もふつうに働いていたうめめです。
しかも
子宮蓄膿症の緊急手術が入るという
なんとも
微妙な連休でした。


べつにいいんだもん。

どこ行っても混んでるし?
お金ないし?
犬たちいるし?


ひがんでませんよ!
全然
ひがんでません。



なんだかウケがよかった写真を
調子こいてブログに載せてみる・・・



IMG_0874.jpg


IMG_0877.jpg


家に入り込んだ虫を
必死で追う犬たち。


この虫
いつの間にか
消えてしまいました・・・

ちーん。



前回の記事
センターから保護したコーギーちゃん

201503006301.jpg


里親さんが決まったと書きましたが
里親さんに
ちょっと心配な点が出てきたため
譲渡は取り消し
もう一度
里親さん探しをしようということになりました。


名前はこーちゃん
小柄で
とても人懐っこい子でした。


こーちゃん


こーちゃんをお世話してくださっている
先輩ボラさんのSさんが
送ってくれた写真。
笑顔がかわいい

シニアだから
なかなか里親さん見つからないかもしれないけど
いい子だからと
いざ
新たに里親さん探しを始めようとしたら

体調を崩してしまったとの連絡が・・・

詳しい話を聞いてみると
元気消失
血尿・・・


急性のフィラリア症でした。


緊急のフィラリア吊り出し手術を受け
見事手術は成功

でしたが

術後
腎不全からの尿毒症と
心不全を起こし
懸命の治療の甲斐なく
天国に逝ってしましました。

お世話をしてくださっていたSさん
こーちゃんが急にいなくなってしまって
落ち込んでいますが
こーちゃんはSさんがいなければガスで殺されていました。

ちょっとの期間でも
かわいがってもらえて
こーちゃんに
いい思い出ができたんだと
信じています。


今となっては
センターに収容されるまで
どんな生活を送っていたかは分かりませんが

きちんと予防をしてもらえていれば
こんな形で命を落とすことなんて
なかったんです。

フィラリアで命を落とすことは
予防をしてこなかった飼い主が
犬を殺したと同じ事です。


避妊手術はもちろん
まともな医療行為を受けさせてもらえなかったこーちゃん。

迷子になっても
探すことすらしてもらえなかったこーちゃん。


かわいそうなんて言葉は
軽すぎるでしょう。


栃木は
犬や猫の飼い方は
かなりかなりかなり遅れています。


子宮蓄膿症だって
避妊手術を受けていれば
なることもない病気です。

飼い主がきちんとしていれば
防ぐことができる病気はたくさんあります。

一番簡単な
フィラリアの予防すらできないなら
犬を飼う資格なんてありません。

犬を飼う事って
どんなことか

飼いたいから飼うのではないということ

分かってほしい!



こーちゃん
天国でたくさん遊んでるかな?

お世話してくれてたお母さん
寂しがってるよ。
また
違う形で会えたらいいね。



スポンサーサイト
[ 2015/05/07 22:16 ] センターの子たち | TB(-) | CM(-)