2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

のんちゃん、トライアルへ!


ラッキーママの子の7頭のうちの1頭で
センターに収容され
譲渡対象外と判断されてしまった
のんちゃん

IMG_0473_20150412215146316.jpg


IMG_1424.jpg


本日トライアルに出ました


1428842259659.jpg


預かりEさんのお家ではすっかり馴れてはいても
やはり環境が変わると
ちょっとドキドキ・・・

でも
オヤツを目の前にすると・・・

IMG_0812.jpg


里親候補の方の手から
オヤツをもぐもぐ。

以前も
西那須野いぬねこ里親会から譲渡を受けているような
しっかりとした里親さんのお家なので
安心のトライアルスタートとなりました

あとは
のんちゃんが里親さんに馴れることだけ・・・


ゆっくりでいいから
頑張るんだよのんちゃん!


ラッキーママの子で
残ったのはタイ子のみ。


1428842296591.jpg


賢くていい子なんだけどなぁ。
いいご縁を待つしかないね!

忘れちゃいけない赤福も!

IMG_0813.jpg


はっちゃけ娘の赤福。
おてんばで手を焼くし、とんでもない身体能力で
毎日毎日びっくりさせられるけど
人懐っこくて
明るいいい子です。
お散歩も大好き!

希望者さんは現れるのですが・・・

焦らずきちんとした里親さんを探しましょう!


ラッキーママの現場。
捕獲が難航しています。

協力者さんと一緒に頑張っていますが
餌やりさんに妨害されてしまい
うまくいきません。

ラッキーママの賢さもあるのかもしれませんが
生きていくには
食べるしかないので
お腹がすけば
捕獲器に入ってくれるはず。
・・・なのに~!

捕獲器の真ん前にご飯を置かれたり
捕獲器の中に段ボールを突っ込まれたり
ガムテープで捕獲器の扉を固定されておりないようにされたりと

保護させてほしいと貼り紙を貼っても
助けさせてほしいと貼り紙しても
餌やりは止まることがなく
本当に頭が痛いです。

ここで捕獲できれば
飢える事もなく、毎回の発情のストレスから解放されるし
行政に捕獲され
殺処分されることもない。
子犬が生まれて
捕獲、殺処分されることもない。
それを分かってもらえないようです。

野良猫や野良犬に
ただただ餌を与える
自己中心的で無責任な方たちは
餌やりをしている「自分」がかわいくて
そこで繁殖して増えたことで
その現場で生まれる命や
餌付けしている子たちを
「自分」が殺す原因になっている事を理解できないのでしょう。

「自分」がかわいいから
「自分」を正当化するしかないのでしょうね。

こういった方たちの考えを変えるのは難しいでしょうから
餌やりの上を行くよう
協力者さんと頑張っています。


昨夜、現場に行ったとき
ラッキーママが出てきました。

KC4F0212.jpg


現場に着くのは
いつも夜の10時半頃
この時間に餌やりをされている様子だったので
それを阻止するため
と、それ以外の時間に行けないので

何度も足を運んでいたら
覚えてくれたようです。

ラッキーママが近くにいる時は
おびき寄せるためにちょっとおやつを撒くので
それを覚えていてくれるのか?

でも手が届くほどには近寄ってくれないので
捕獲器に頼るしかないのですが・・・

事情があり
昨夜から
捕獲作戦を変えています。
少し時間がかかりそうです。

子犬が生まれない事を祈るしかない(>_<)


みなさん
犬や猫の繁殖制限手術を受けましょう。

繁殖シーズンに受けるストレスは相当なものです。

不幸になる命は
この世に誕生させてはいけません。

動物の命なんて
だれも守ってくれません。

行政に捕獲収容、殺処分される子の多くは
野良犬たちです。
捨てられ野良のようになってしまった子も含まれるでしょう。

殺処分ゼロなんて
なにも分かってない人が使うのを目にしますが
繁殖制限手術が当たり前のようにされていない現時点では
絶対に無理!!
出口だけ閉めてもなんの効果もないのです。

繁殖制限手術を義務化すればいいのにねぇ。


繁殖制限手術を受けさせてあげて
将来なりうる病気を防いであげましょう。

予防できる病気になってしまうのは
飼い主として恥ずかしいと思ってください。

シニアになってからの手術は
ハイリスクです。


自称動物好きが多い栃木県。

根本から変われるのは
100年くらいかかるんじゃないか?

生きてる間には無理そうだわ~。



スポンサーサイト
[ 2015/04/12 23:26 ] センターの子たち | TB(-) | CM(-)