2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

捕獲できず。  と、処分ありきの言葉

ラッキーママ
朝から現場で粘ってみましたが
捕獲できませんでした。

ラッキーママが現れず
ごちそうでつろうと置いたご飯が
烏に持って行かれる始末。

犬一匹見かけることなく
タイムリミットになり
現場を後にしました。


現場で張り込みのお手伝いをしてくださった
Fさん、娘さんありがとうございました。


これ以上
わが家では保護してあげられない今
ラッキーママが子犬を産んでしまう事は
避けたかったけど
ラッキーママの行動パターンも一定しないし
なにより
すでに産んじゃっててもおかしくない。


あの現場で生まれた子達が
これからセンターに収容されても
私は現時点では保護できないと伝えると

「処分も止むなし」

と生きる道を探すことなく
殺処分を思わせる発言を
あるセンター職員から言われ

びっくりして
返す言葉を失い

捕獲、頑張ります!
なーーんて言っちゃった月曜日。

頑張りますも何も
ラッキーママが出てこなければ
どうにもならない事だったんだけど。


できない事を
できるというほど
私は無責任になれません。

できないから
できないと言ったまでで

それを言ったがために
なんの罪もないあの現場の子達は
捕獲されたら最後
行政からは当然のように
生きるチャンスは
与えてもらえないようです。

手こずっている現場だからでしょうか。
苦情が相次ぐ現場だからでしょうか。
私の事が嫌いだからでしょうか。

以前から
私が言ってもいない言葉を
他団体に私が言ったかのように
私の名前を出して伝えたり
別の団体の代表には
私のブログがいい加減だと言う職員です。
(もっちの記事の事を言っているようですが。どの辺がいい加減なのか?)
よほど私の事が嫌いなのでしょう!

今市のドッグセンターはそこまで寒くないなんて
ビックリ発言を聞いてから
的外れな言葉を使うその職員には
言いたいこと言わせてもらってますからね。
嫌われて当然です。
(昨年度、今市ドッグの寒さを分かっていても
現状でできる事が限られているから
できる範囲で防寒対策を取ると
センター職員と団体側で
共通認識があったのですがねぇ。あれはなかったことになったの?)



別に
好かれようとは思ってもないから
いいんだけど。

でも
私の事が嫌いなその感情って
動物には関係ないからね。

ちゃんと
行政としての仕事が
殺処分だけではないと
証明していただきたいものです。


そもそも
センターの譲渡会で
譲渡された子犬が
どれだけの確率で
繁殖制限手術を受けているのでしょう?

100%ではない事は分かってますが
数値を知りたいな。


100%でないんだから
そのうちの何パーセントか
避妊、去勢手術を受けていない子が
新たな子供を産んでいる事は
否定できないと言う事。


野良犬ってなんでしょうか。


避妊去勢もされないまま
飼われている犬たちが交尾をして

望まれない命が生まれ

捨てられ
必死で生き残ったのが
野良犬
とされる犬たちです。


生まれたくもなかったこの栃木県に生まれ
邪険にされ
苦情になっているから
迷惑になっているからと捕獲され
殺されていくのは
誰のせい?


あの現場の子達も
元は捨てられたことからの
スタートでした。

かわいそうに
と言われ
ご飯をもらうようになって
でも
誰にも飼ってもらえず
ただ
生きているだけ。

色んな意地悪もされてきたのでしょう。
人からご飯をもらっていても
人が怖い
近寄っても来なければ
噛みつく事もしない子達。
自分たちの縄張りの近くを通る人に吠えてしまい
怖いと言われ
生活している現場近くの人から
野良犬が来ていると通報されて
捕獲器が用意され
何も知らない仔犬たちは
まんまとその罠に入っていく。


でも
母犬が捕まらないから
その現場では
一向に犬が減らない。

その現場だけではなく
現場近くの大きな牧場でも
毎週のように
大量に仔犬が捕獲されています。

これは
毎年毎年
変わらない。


これを繰り返して
何が変わるんでしょうか。


外飼いが当たり前
未避妊、未去勢が当たり前
夜間野放しのお散歩が当たり前
そんな地域がいまだにたくさんある栃木県です。

懸命に栃木の
飼育の仕方を変えようと努力している団体が存在して
地道にコツコツ頑張っているんだから

行政も
コツコツと草の根運動をする
必要があるんじゃないのでしょうか。

すぐに成果なんて出ないだろうけど
殺処分ゼロのために
やるべきことって
分かっていると思うんですが。

でも、まず
処分ありきの現状なのは
やるべきことが
分からないのか
分かっていても
やらないのか。。。


来年度も
殺処分ゼロを目指すのでしょうか。

目指すだけなら
誰でもできるんだけど。

実行しないと
実現できないと思うんだけど。


あちゃーーー
また嫌われるブログ書いちゃったかな?
いい加減とか
言われちゃうかしら~!


というわけで
捕獲失敗。

私にできる事は
こんな程度でした。

ラッキーママ
ごめんね。



スポンサーサイト
[ 2015/03/29 01:12 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。