2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケンくんお届けと、フネ正式譲渡、引き取りと、引き出しと・・・


日曜日
ケンくんを都内の希望者様のお宅にお届けしました。

1422365174323.jpg

兄弟の中で一番のビビりん坊で
やっぱり
ちょっと緊張気味だけど

お姉さんたちに遊んでもらって

1422365260658.jpg

楽しそうにしてました

大きめなワンコが好きだという
里親希望者様。
雑種犬がどれほどかわいいか
熱弁してしまって・・・
とっても気が合いそうです(笑)


これだけでっかいのに
まだサークルを自力で出られないという
肝っ玉のちっさいケンくん。
弱虫だけど
おっとりしてて

まだ家にいた時に
ご飯食べながら寝ちゃったこともあるケンくん。

P1030505.jpg

愛情いっぱい
大切に今まで育ててくれた
預かりさんのお家を卒業できるように
これから2週間
トライアルがんばれケンくん!!

そして
フネちゃん(ネネちゃん)の正式譲渡が済みました。

IMG_0340.jpg

久々に会ったのに
これだもんね。

元母ちゃんよりも
里親さんの方にくっ付いて行って。。。
里親さんのお家の子になったんだなって
実感しました。

あなたも
ケンくんに負けないくらい
ビビりちゃんだったね。

里親さんのお家で
お兄ちゃんとお姉ちゃんに
たくさんたくさん遊んでもらって
とても大切にしてもらっているようなので
元母ちゃんは
安心しています。

また会いに行くからね!
お姉ちゃん
手作りお菓子
よろしくね(笑)




本日
下半身麻痺の子を引き取りました。

まだ一才の女の子。
かわいらしい元の名前は過去のもの
これからは
新たな犬生を歩んでいくため
わが家の保護犬らしく

もっち(餅)と名づけました。

えぇ。ネタ切れです。
他のワンコとかぶらないような
食べ物ネタは
使い切ってしまった感が・・・

ひねり出して
見た目に合うような
おいしい食べ物を連想するのって
ムズカシイワ!


事故後すぐの時より
お顔が穏やかになってて
思ったより噛みつきもなくて
ひと安心・・・


IMG_0354.jpg


写真の通り
後ろ脚がだらりとしてしまっていて
褥瘡もできてしまっています。

IMG_0357.jpg


先ほど
この褥瘡の処置をしましたが
思っていたよりも褥瘡がひどく
集中ケアが必要になりそうなので
少しの間
病院に入院することになりました。

しばらくは
私一人では
褥瘡ケアはさせてくれそうにないので
退院後も通院で褥瘡ケアをする予定です。

少し落ち着いたら
少しの望みをかけての治療をすることになりました。

その話は
また今度・・・


元飼い主は
この子をとってもかわいがっていました。

避妊手術をして
室内飼育をして・・・


でも
この子を介護できる状態ではなかった。


元飼い主にはたくさんたくさん言いたいことはあるけど
正直なところ
少しの同情をしてしまう。

いつもだったら説教するところだけど
どうも
それをするのが
忍びないというか・・・

ゲンコツを食らわせたいのは
この飼い主に譲渡した
他でもない
保護活動をしている団体に
です。


その団体に
なんらかのアクションをすることはしません。

だって
次元が違い過ぎて
お話にならないから。

譲渡の質よりも
譲渡した頭数にこだわるのは
とても簡単でしょうね。

簡単に誰にでも渡してしまえば
見た目はすっきりするでしょうね。


でも
こういった事態になった時
すべての責任を負って
動物が不幸になることを
防ぐことができるのでしょうか。

そもそも
もっちの一件は
こうなるかもしれないと
想像するのは簡単な環境でした。

特に栃木県は
フィラリア予防やワクチン接種
繁殖制限手術の認識が甘く
動物に金はかけられないとか
かわいそうという
あっぽ~~~なお考えを持っている方が本当に多い。

そんな栃木県で活動するならば
譲渡先は
慎重にならなければいけません。


もっと
慎重に
動物の幸せを考えて
新たな家族を探してあげてほしいものです。

団体名は明かしませんので
安易な譲渡をしていると
自覚のある団体さん
もしくは関係者さんがこの記事をみていたら
もしかしてうちかも?!
なーーーんて
ドキドキしててくださいね。


そして
安易な譲渡はしないでください。


そして
そして
そして


こんなタイミングで
ついにセンターに捕獲されてしまいました。


2015-01-0051_01.jpg


ケンくんたちの
兄弟犬です。

捕獲が難航していて
現場に残ってしまっていた子達の一頭です。

姿を見せなくなったと思っていたのに
今日センターから
捕獲されたと連絡を受けました。

野犬化しているので
通常だったら
譲渡不適合だと。

ふむふむ。
だって
センターの見立て
あんまり当たらないから
その辺は気にしてないけど

センターに
あの現場の子達が捕獲されたらすぐに
絶対に連絡を入れてほしいと言っていたのを
ちゃんと守ってくれてのは
感謝しなければ・・・

夕方
収容情報をみたら
いたいた。

間違いなく
現場の子。
そっくりだし(笑)


もう
どうしようね。

なんてタイミング。
ひどいじゃないの!


人馴れトレーニングしてくださる
ガッツのある
預かり様
現れてくださいませんか~泣

激狭なわが家
この家は
本当に失敗だったと
今更思う。

いまさら~






スポンサーサイト
[ 2015/01/27 23:52 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。