2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つながる命。 


先週の木曜日。

西那須野いぬねこ里親会さまの紹介で

この子の保護に手を挙げてくださった方に

hayasi sara

命をお預けすることができました。
このまま里親さんになってくださると言うlことです。

野犬という扱いでしたが
余裕でナデナデできました。
センター職員も
簡単に首輪を付けられるほど・・・

生粋の野犬というわけではなさそう
というのが
なでてみての印象でした。

今は里親さんの元
お家の中で暮らしていて
家族がいなくなると
鳴いてしまうそう。

よほど
新しい家族が恋しいんだな。。。


しかも先日
なんとガラス窓を食い破って
脱走を図るという偉業をやってくれました。

無事すぐに保護できたのですが
ガラスを食い破るなんて
まさか
まさか・・・

ワンコに相当慣れている里親さんも
私でさえも
ガラス食い破りまでは
さすがに
想定はできなかった。

脱走対策に力を入れてくださってますが
いつまた信じられない事をするのか
ヒヤヒヤです(>_<)

元野犬。
侮っていたわけではないけど。
まさかのガラス食い破り。

これからのまさかは
もっと心にやさしいまさかであってほしい。



この子の命の名前は
サラちゃん。
とても若い子でした。

よかったね
サラちゃん。
お母さんは
ちょっと泣き虫だけど
あなたを幸せにしてくれるよ。

野良生活なんかより
ずっとずっといい生活ができるから
安心して
生きていていいんだよ。


里親様
よろしくお願いします。


サラちゃんは那珂川町で捕獲され
収容されました。

サラちゃんの里親さんは
他にも
同じ場所で捕獲されてしまった子を
見殺すようだと
泣いていました。

いつでも
私は
そうです。

ほかに
たくさんの命が
処分に危機にあって

その中の
たった一頭を
「選んぶ」んです。


なんて残酷な行為なんだろうと
いつも思っています。


こんな思い
しないで済むようになるまでに
どれだけ時間がかかるだろう。




そして
今週の月曜日

同じく西那須野いぬねこ里親会さまの関係者の方が

保護に手を挙げてくださいました。


husyoucat.jpg




センターに連絡して
様子を聞いたとき
相当ひどいけがを負っていると言う事で

掲載期限前に
保護し
病院にかけてあげることができました。

搬送してくださったS様
病院にかけてくださった
西那須野いぬねこ里親会様

ありがとうございます。


この猫ちゃんは
診断の結果
後肢の断脚となりました。

骨折がよほどひどい状態だったようです。

脚がひとつなくても
ちゃんと動けるようになるのが
動物です。

とくに猫は
バランス感覚に優れた生き物。
きっとすぐに
飛び回るようになるね。


つながった命2頭。

保護頭数がキャパいっぱいになり
時間に余裕がない
不甲斐ない私は
自分で保護をすることができずにいました。

保護するのも
たくさんの子達の中から
保護する子を選ばないといけないし

保護できないのも
命を見捨てるようで


どちらにしても
辛いものです。

センターの
収容情報を見ながらも
鈍感になる事を覚えた
数か月間。

やっと
心のモヤモヤが
すこしだけ
薄くなりました。

ありがとうございました。

西那須野いぬねこ里親会


信頼できる団体様からのご紹介であれば
センターからの引き出しを
喜んでやらせていただきます。

通常は
依頼での
引き出しはいたしません。

ご了承ください。

また
センターに収容されている子達の
里親さんになりたいと言う場合は
県内にお住まいの方は
簡単な講習会を受ければ
譲渡を受けることができます。


新たな家族に出会う場所はペットショップだけではありません。

愛護センターや保健所でも出会えます。

命に期限を付けられた子達を
家族に迎えてあげてください。




そして
遠い遠い山口県のH様から
物資のご支援(なんと私用にお酒など)
いただいているのですが
記事にできていません(T_T)

毎月ご支援いただくN様から
先月
ご支援金をいただいていたことに
またもや今更気が付きました。


もっとたくさん記事にしたいことがあるのですが
ここのところ
時間の余裕がなく
仕事とワンコたちのお世話とちょっとだけ家事で
いっぱいいっぱいになってしまってます。

たくさんの事が
行き届かず
失礼があるかと思います。


申し訳ありませんm(_ _)m

皆さま
もう少しだけ
いつものように
あたたかく見守ってください。



スポンサーサイト
[ 2014/05/22 23:45 ] センターの子たち | TB(0) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。