2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

おばばの手術

麦おばばの手術は
無事終わっています。

思っていたより
大変な手術になってしまって

避妊手術、乳腺腫瘍摘出、スケーリングの手術が

出血も多く
2時間を超える
大手術になりました。


おばば
念のため
入院・・・


お疲れ様おばば。


保護犬の手術は
大変な子ばかり。
先生は
時間外なのに
いつもうちの保護犬を手術してくださってます((+_+))

申し訳ないのですが
頼りにしてしまっています。



しつこいけど


避妊手術はお早めに!!!!

シニアの手術は
リスクが大きい。

健康体にメスを入れるのは
抵抗がある??

きれいごと言わないでください。



避妊手術をしていなければ
シニアになって
子宮蓄膿症になって
いずれ
メスを入れることになるんです。

乳腺腫瘍もできます。

手遅れになることも
あるんです。


リスクを伴う
手術をすることになるんです。


若い時の避妊手術よりも
費用は高額になります。


まさに
動物にとっても
人間にとっても
踏んだり蹴ったり。


へんな理屈を言わず
ちゃんと若い時に手術をしましょう。





あ、おばば
フィラリア弱陽性になってました。


ビブラマイシンを
あと1タームすれば
陰転するかも。


フィラリア予防も
お忘れなく!!!



センターからの保護犬
高確率で
フィラリア陽性
未去勢
未避妊
乳腺腫瘍もち

ついでに
ノミダニもしっかりいらっしゃる。


ちゃんとしてくださいよ。

おねがいだから。




おばば
これで
ヒート中のストレス
なくなるね。


よかったね。
お疲れ様。

スポンサーサイト
[ 2014/02/25 01:42 ] 麦ちゃん | TB(0) | CM(-)