2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不適切な仔犬の殺処分について センターの回答

すっかりご報告が遅れましたが
太郎くんの去勢手術
無事に終わっています。

fc2_2013-12-03_21-35-05-048.jpg

抜糸が終わったら
里親さん探し始めます。

肝機能もほぼ正常値になっています。

ちょっと障害があるだけで
性格ハナマルな
かわいい男の子。

太郎ちゃん
次郎ちゃんに続こうね


そして
昨日12月5日栃木県動物愛護指導センターで
11月19日
センター職員が
母犬と仔犬3頭の親子で捕獲収容され
即日仔犬だけ不適切な殺処分をした件の
説明を受けてきました。

経緯はこちら

即日処分された仔犬たち

お母さん犬と仔犬たちについて


結論から言います。

母犬は一度も
獣医師職員のいる愛護センターには連れてこられていません。

つまり
母犬が実際に育児放棄したかどうか
獣医師職員は誰一人確認していなかった。



今市にある処分場兼収容施設にいる
獣医師資格も持たない
動物の性別を頻繁に間違えるような作業員の言い分だけを
「電話で」聞いて
獣医師が
実際に親子犬の様子を見ることもなく
育児放棄と判断して
仔犬だけを殺してしまった。


というのが
センターの言いわけでした。


ま、育児放棄っていう理由は真っ赤なウソだと
私は判断しましたが

過去からこの件が発覚するまで
まるで流れ作業のように
野良犬と言われて収容された親子犬の子犬は
誰の目に触れることもなく
生きるチャンスを勝手につぶされ
殺されていたと言う事です。

最近になって
幼若個体はガス処分ではなく
安楽殺に切り替わっているようですが

結局殺された事に
変わりはありません。


センターにいる獣医師職員は
いったいなんのためにいるのか

安楽殺に使う薬を
注射するために獣医師がいるのか

そうであれば
1人いれば十分でしょう。


獣医療の観点から
診察、観察をせずに
専門的な観点から
適切な診断をすることなく(できない?)

ましてや
尊い命を適切な処置もなく
あっさり殺してしまうなんて

税金から高い資格手当をもらってまで
獣医師職員が
センターにいる必要はあるのでしょうか。

そんな獣医師職員が
尊い命を
生かすか殺すかを判断できるような
資格はあるのでしょうか。


しかもセンター職員は
反省の色なし。
こちらの要望をハイハイと聞いておけばいいんでしょ
ってな態度でした。

問い詰めても
沈黙も目立ちました。

結局
誰もその親子犬の事を考え
生かそうとしていなかった。

殺処分ゼロをスローガンにしている行政とは
微塵にも感じられない

本当に残念な獣医師職員たちです。


今後は
同じように乳飲み子を連れた親子犬が収容された場合には

仔犬と母犬を引き離さない事
最低でも収容期限まで母犬に子育てをさせる事
収容情報に仔犬の写真も掲載する事
心ある人に救われる譲渡の可能性を勝手に消さない事
獣医師のいるセンターに収容する事
人工哺乳ボランティアを導入するよう検討する事


を約束してもらいました。

他にもたくさんの要望が出たのですが
この要望は今年の5月
連絡会議において要望された内容と全く同じでしたので
センター側には
期限を定めて要望に対する返答をしてもらう事となっています。

に、しても
5月から
半年以上すぎても
なんの返答もなければ
なんの改善もないなんて

あんたたち何してんのって
私は思ってしまうけどね。

公務員がみんなこんなだと思われても
公務員の皆様に失礼でしょうけど
栃木の公務員は
こんなもんでした。

とことん残念な行政です。


このブログを読んでくださっている皆様
今後の栃木県動物愛護指導センターの収容情報に
注目していただきたいと思います。


また収容されている子達を
助けてくださる方を探しています。


これからどんどん寒くなります。
栃木の処分場兼収容施設は
冬場はマイナス10度以下になります。
熱源を行政は用意する気はないようですので
今後しばらく
この状態は続きます。

そんな極寒の場所に死の直前まで収容され
他の犬が泣き叫び苦しんで死んでいく声を聴きながら
恐怖に怯え
絶望の末に
窒息死させられています。

この現実をたくさんの方が知ってくださって
民意の力が加わって
ダメダメ行政がまともな行政に変わり
行政とボランティアが協力し合って
助けられる命が増えるような
栃木県に変わるように
皆様のお力を貸してください。









スポンサーサイト
[ 2013/12/06 15:10 ] センターの子たち | TB(0) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。