2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

捕獲できず。  と、処分ありきの言葉

ラッキーママ
朝から現場で粘ってみましたが
捕獲できませんでした。

ラッキーママが現れず
ごちそうでつろうと置いたご飯が
烏に持って行かれる始末。

犬一匹見かけることなく
タイムリミットになり
現場を後にしました。


現場で張り込みのお手伝いをしてくださった
Fさん、娘さんありがとうございました。


これ以上
わが家では保護してあげられない今
ラッキーママが子犬を産んでしまう事は
避けたかったけど
ラッキーママの行動パターンも一定しないし
なにより
すでに産んじゃっててもおかしくない。


あの現場で生まれた子達が
これからセンターに収容されても
私は現時点では保護できないと伝えると

「処分も止むなし」

と生きる道を探すことなく
殺処分を思わせる発言を
あるセンター職員から言われ

びっくりして
返す言葉を失い

捕獲、頑張ります!
なーーんて言っちゃった月曜日。

頑張りますも何も
ラッキーママが出てこなければ
どうにもならない事だったんだけど。


できない事を
できるというほど
私は無責任になれません。

できないから
できないと言ったまでで

それを言ったがために
なんの罪もないあの現場の子達は
捕獲されたら最後
行政からは当然のように
生きるチャンスは
与えてもらえないようです。

手こずっている現場だからでしょうか。
苦情が相次ぐ現場だからでしょうか。
私の事が嫌いだからでしょうか。

以前から
私が言ってもいない言葉を
他団体に私が言ったかのように
私の名前を出して伝えたり
別の団体の代表には
私のブログがいい加減だと言う職員です。
(もっちの記事の事を言っているようですが。どの辺がいい加減なのか?)
よほど私の事が嫌いなのでしょう!

今市のドッグセンターはそこまで寒くないなんて
ビックリ発言を聞いてから
的外れな言葉を使うその職員には
言いたいこと言わせてもらってますからね。
嫌われて当然です。
(昨年度、今市ドッグの寒さを分かっていても
現状でできる事が限られているから
できる範囲で防寒対策を取ると
センター職員と団体側で
共通認識があったのですがねぇ。あれはなかったことになったの?)



別に
好かれようとは思ってもないから
いいんだけど。

でも
私の事が嫌いなその感情って
動物には関係ないからね。

ちゃんと
行政としての仕事が
殺処分だけではないと
証明していただきたいものです。


そもそも
センターの譲渡会で
譲渡された子犬が
どれだけの確率で
繁殖制限手術を受けているのでしょう?

100%ではない事は分かってますが
数値を知りたいな。


100%でないんだから
そのうちの何パーセントか
避妊、去勢手術を受けていない子が
新たな子供を産んでいる事は
否定できないと言う事。


野良犬ってなんでしょうか。


避妊去勢もされないまま
飼われている犬たちが交尾をして

望まれない命が生まれ

捨てられ
必死で生き残ったのが
野良犬
とされる犬たちです。


生まれたくもなかったこの栃木県に生まれ
邪険にされ
苦情になっているから
迷惑になっているからと捕獲され
殺されていくのは
誰のせい?


あの現場の子達も
元は捨てられたことからの
スタートでした。

かわいそうに
と言われ
ご飯をもらうようになって
でも
誰にも飼ってもらえず
ただ
生きているだけ。

色んな意地悪もされてきたのでしょう。
人からご飯をもらっていても
人が怖い
近寄っても来なければ
噛みつく事もしない子達。
自分たちの縄張りの近くを通る人に吠えてしまい
怖いと言われ
生活している現場近くの人から
野良犬が来ていると通報されて
捕獲器が用意され
何も知らない仔犬たちは
まんまとその罠に入っていく。


でも
母犬が捕まらないから
その現場では
一向に犬が減らない。

その現場だけではなく
現場近くの大きな牧場でも
毎週のように
大量に仔犬が捕獲されています。

これは
毎年毎年
変わらない。


これを繰り返して
何が変わるんでしょうか。


外飼いが当たり前
未避妊、未去勢が当たり前
夜間野放しのお散歩が当たり前
そんな地域がいまだにたくさんある栃木県です。

懸命に栃木の
飼育の仕方を変えようと努力している団体が存在して
地道にコツコツ頑張っているんだから

行政も
コツコツと草の根運動をする
必要があるんじゃないのでしょうか。

すぐに成果なんて出ないだろうけど
殺処分ゼロのために
やるべきことって
分かっていると思うんですが。

でも、まず
処分ありきの現状なのは
やるべきことが
分からないのか
分かっていても
やらないのか。。。


来年度も
殺処分ゼロを目指すのでしょうか。

目指すだけなら
誰でもできるんだけど。

実行しないと
実現できないと思うんだけど。


あちゃーーー
また嫌われるブログ書いちゃったかな?
いい加減とか
言われちゃうかしら~!


というわけで
捕獲失敗。

私にできる事は
こんな程度でした。

ラッキーママ
ごめんね。



スポンサーサイト
[ 2015/03/29 01:12 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

幸せゲット!ケン、カツ男、センター犬2頭!!

昨日、ケンくんとカツ男の正式譲渡の手続きが終わりました。

だいぶ前から
正式譲渡のお返事はいただいていたんだけど
なかなか再訪問できず
かなり時間が経ってしまったけど(~_~;)

2頭とも
とても幸せそうにしてました。

まずは
Eさんのお家からお婿に出たケンくん
テディくんと名前をもらって
お母さんにべったりな
甘えん坊になってました。

IMG_0766.jpg

私の事は
覚えてなかった・・・
家にいたのは数日だけだったから
仕方ないけど


IMG_0771.jpg

やっぱりビビりでお散歩が苦手なようで(>_<)
せっかく素敵なお散歩コースがすぐ近くにあるのに・・・
ゆっくりでいいから
お外の世界を楽しめるようになるといいね。


そして
わが家からお婿にでた
カツ男。
コロちゃんになって
お兄ちゃんたちにたくさん遊んでもらっているようです。
楽しそうに取っ組合って遊んでる姿を見られて
安心しました。

1427108088908.jpg

お母さんの苦労を思うと
笑ってはいられないんだけど

1427107961343.jpg


一番上のお兄ちゃんが
お世話をよく頑張ってくれて
お兄ちゃんの事が大好きなんだって。

よかったねカツ男。


そして預かりEさんのお家にいる
あんちゃんは
Eさんの娘さんご家族の一員になりました。

あんちゃん


はじめに保護した子犬5頭は
みんな無事に新たな家族に出会えました。
残るは
赤福とタイ子とのんちゃん。。。

みんなペットのおうちに掲載してます!
お問い合わせお待ちしてます~!

でも
なぜかなぜかなぜか
赤福にご縁がない・・・
パワフルで
お散歩大好き
人も大好きな
おてんば娘。
お座りとマテはできるようになりました!

今、アジリティもどきの事ができるように
ちょっとだけ練習中。
せっかく高い身体能力があるんだもんね。

ドッグランに連れて行ったら
一生懸命お姉さん達について走ってました。

IMG_0690.jpg

お宝もゲットしたしね☆

IMG_0713.jpg


明るくて元気ないい子です。
男の子と間違われるけど
女の子です!!

タイ子さん。
すっかりわが家の一員。

2015131301.jpg


でっかいけど
まだ生後約5か月。
実はかなりの甘えん坊です。
昨日は帰りが遅くなり
床で力尽きたら
顔がカピカピになるくらい舐められました。

肌荒れちゃうじゃないの!


のんちゃん。

IMG_1424.jpg

保護当時より穏やかなお顔になりました。
里親会でも
余裕でご飯を食べるくらい
順応性が高い子です。

だんだん馴れてきた
タイ子とのんちゃんは
お散歩に出られるようになるように練習です☆


保護当時
人が怖くて仕方なかったこの子達も
こんなに変わるんです!

里親さん
待ってますよ~☆


そして
先日
みなしご救援隊栃木拠点に
センターから2頭のワンコを引き受けていただきました。

イケメンわんこ。

2015-02-0065_01.jpg

実際に会ったら
めっちゃかわいくて
私のストライクゾーンど真ん中でした。
一瞬連れて帰ろうかと思うくらい。

あれ?なんかタイ子たちに似てるぞ?
と思ったけど
全然関係のない場所で捕獲された男の子。
まだ子犬でした。
とても人懐っこくて
ドッグセンター職員にかわいがられていたそうです。

引き取りの時に
私にしがみついてきました。
ドッグセンターからの移動車がよほど怖かったのか・・・

2015-02-0063_01.jpg

ドッグセンターでこの2頭はとても仲良くすごしていたんだそうです。

これから先も
ずっと一緒にいられるね!
広い広いドッグラン付きの贅沢な環境で
自由に過ごせるね。
もう大丈夫。
生きていられるから!
たくさんかわいがってもらうんだよ!


さて
幸せ報告の後は
ちょっと問題提起。

今日別件でセンターに連絡を入れた時
センター職員の発言に
あまりにもびっくりして
反論する言葉を失う経験をしました。

以前から
問題発言をする職員だったのですが
今日の発言は
堂々と職務放棄?!
環境省が定めた基準を分かった上での発言??!
譲渡担当者としての自覚があるのか?
個人的感情を挟み込んで
業務にあたっているとしか思えない発言を聞きまして・・・

驚きと怒りが・・・

これは別の記事に書きます。

録音しておけばよかったと
後悔。。。

あーー失敗した失敗した。

[ 2015/03/23 22:32 ] 保護犬たち | TB(-) | CM(-)

ぎょっ!!3連発とセンター収容情報の性格の欄について


震災から4年。
そんなに経ったんだと
当時の事は
鮮明に思い出せます。

犠牲になった方々
犠牲になった動物たちに

ご冥福をお祈りいたします。


~~~~~~~~~~~~~

ぎょっ!!その1

タイ子が
でかい。

すでに
12キロを超えてきた。

IMG_0680.jpg

すっとぼけた顔をして
かわいいねぇ。

こんなカワイ子ちゃん
すでに中型犬用クレートだと
狭そうにしているので
20キロ越えを記録しそうな
タイ子のために
腹を据えて
大型犬用のクレートを購入。


IMG_0740.jpg

でかい。
でかい・・・

家が狭い


ぎょっ!!その2

タイ子のママである
ラッキーママの現場。


退院して
リハビリをしている
現場の協力者からの
最新の情報では
ラッキーちゃんの他に
2頭成犬が増えて3頭いた。
という
衝撃的な事実が・・・

今月初め
ラッキーちゃんだけだったと
那須の別荘に週末だけ来ている
ラッキーママの姉妹犬のすみれちゃんの里親さんが
言っていたのに(T_T)

西那須野いぬねこ里親会が使っている捕獲器をお借りして
捕獲する予定でいたんだけど
現地の協力者が
まだリハビリ中で
私が毎日1日何度も捕獲器の入口を開け閉めしに向かう事ができないので

薬を使って
捕獲しようと
今月末
予定していたのに

休みもらおうと
予定組んでいたところに
・・・これだよ。

どーすんだよ~

ささささささ3頭!!!!
3頭!!!????

現地には
こちらも把握できないほどの餌やりさんがいるようで

そりゃ
ご飯があるところに犬は集まるよね。

餌やるなら
飼ってくださいよ!!
ほんとに

さて
どうしたもんか。

ぎょっ!!その3

与太じいが
フィラリアにかかっていた。

KC4F0197.jpg


保護したのが昨年3月。
その時のフィラリア検査では陰性。

ラッキ~なーーんて言ってたのに。

ミクロフィラリアの検査まではしなかったのが
ダメだった理由。

一般的に出回っているフィラリア検査薬は
成虫のフィラリアを感作するようにできていて
ミクロフィラリアは感作しない仕組みになってます。

おそらく
昨年3月まで
フィラリア予防はされていなかった子だったんだろうと
現時点では
そう予測を立てるしかないのです。

大失態。
成犬を保護する時は
みんなミクロまでチェックしないとだめだと言う事か・・・。

わが家は
フィラリア陽性犬がいるため
念のために1月まで
フィラリア予防薬を飲ませていて
1頭ずつ
ご飯に混ぜるのではなく
口に含んだところから
飲み込むまで
飲み込んだ後も
吐き出さないかをチェックするように
そばについているようにしているので
投薬ミスはない!
これは言い切る!!!!

でもね、かかっちゃってたんだから仕方ない。
与太じいも
ビブラマイシンね。

大丈夫よ。ちゃんとフィラリアは落ちるから。

その証拠に
おばば
やっぱりフィラリア陰転!

KC4F0198.jpg

ビブラマイシン様様。
約2年でフィラリア退治に成功!
これで
ショックで死ぬことも
悪化してフィラリア症になることもないね。

覚えきれず
表にして管理。

KC4F0199_20150311194736d31.jpg

まだまだ
終わらない・・・
なんとしてでも
病院が忙しくなる前の
3月中に済ませたい。

お札よさらば


先日
センターに
収容犬の性格の欄について
メールで要望を出しました。

あくまで私は個人なので
個人としての要望を
つらっつらとメールしました。

こういう時
個人というのは楽です。
言いたいときに
言いたいことを言えるので。

それは
性格の欄に
人に馴れていない
と書く事を
やめてもらうため。

人に馴れていない
と書かれた子たち(子犬、成犬共に)を保護して
いい感じに懐く子達を見ているこちらとしては
不快でしかない表現です。

簡単に言えば

馴れるから
書くな。
違う表現で書いてくれ。


言う事です。

馴れていない
と書かれただけで
保護を見送られてしまうケースや
一般の方が里親になろうという気持ちを
潰されてしまう可能性が
あるからです。


でも
そのメールを送った次の日
またもや
収容情報に
人に馴れていない
と書かれている子を発見し

メール見たんかいな!!と
むっきいいいいと怒った私は
明日
センターに意見を聞くことにしました。


まとまったら
また記事にします。



[ 2015/03/11 20:05 ] ブログ | TB(-) | CM(-)

うさぎ・・・


ラッキーが天国に逝って
一週間。

もっちが天国に逝って
一か月。

今まで
当たり前のようにいたラッキーが
どこにもいない。

与太郎やゆば用に
改造してもらおうとしているもっちの車いすも
まだ箱から出せずにいて

まだまだ
心の整理がつかない私です。


もう少し
かかりそうです。

ラッキーへと
大切なカムイくんの遺品をくださった
はぴはぴさんから
お花をいただきました。

こんなメッセージを添えて・・・

IMG_0689.jpg


このメッセージを見るたび
涙があふれてしまいます。

私もずっと大好きだよラッキー。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さと子の里親さんの勤める会社の敷地内に
うさぎが2羽遺棄されたようです。

会社の敷地内を
縦横無尽に走り回っていて
トラックに轢かれそうになっていたため
従業員が保護。
しかし
さと子の里親さん宅には
元気なネコちゃんも、ワンコ達もおり
従業員も飼える方がおらず
行くあてがないため
会社で保護を続けていただきながらの
里親さん探しをすることになりました。


ペットのおうちに掲載しています。

遺棄されたウサギ①

遺棄されたウサギ②


私もさと子の里親さんも
うさぎは未知の世界。

うさぎを見てくださる動物病院に連れて行って
診てもらいながら
適正飼育の仕方を教えてもらいました。



チモシーをもらいながら
くつろいだり
おもちゃで遊んだりして
(おもちゃは素材を選ばないと毛球症になって命の危険を伴うそうです。)


うさぎって
こんなにかわいいんだなぁと
今更知りました。


IMG_0684.jpg


IMG_0687.jpg


幸い
健康状態はよく
よく食べてくれます。


明らかに人に飼われていた子達です。

今までどんな生活を送ってきたのか
いったい何歳なのか。
(比較的若そうですが)
なぜ遺棄されたのか。

ケージにも入れられず
裸のまま捨てていった飼い主。

飢えてしまう事は考えなかったのか。
他の動物に襲われるのを考えなかったのか。
寒さで衰弱する事は考えなかったのか。

これって
遺棄と虐待の両方じゃないの?!


愛護動物の遺棄は犯罪です。


環境省HPより
虐待や遺棄の禁止


遺棄した飼い主!
天罰がくだるぞよ。


というわけで
うさぎの里親さん
募集中です!

よろしくお願いいたします!

[ 2015/03/04 22:55 ] ブログ | TB(-) | CM(-)