2人と5頭プラスわん

保護犬と家のワンコと時々日常

ゆばちゃんオペ中止に



ゆばちゃんは

手術のため
麻酔をかけたのですが

血圧と心拍が急激に下がってしまい

手術を続行するのは危険と先生が判断したので
中止になりました。

たまにこういう事があるって聞いたことあるけど
まさかゆばちゃんに降りかかるとは!


いやーーーびっくりした!!

ほんと
びっくりした。

心拍のモニターが
いつもと違って
余計不安になって
ワタワタワタワタ

緊急の時のスパッとした獣医師の判断て
かっこいいなぁと思う。


ほんと私なんて使い物になりませんよ

残念すぎる!!!



麻酔を切って
ゆばちゃんはしっかり目を覚ましてくれたのですが

念のため一泊入院させてもらいました。

ゆばちゃんごめん。
母ちゃんゆばちゃんを今日連れて帰るのは
ちょっと不安です。


オペ中
心拍のモニターにくぎ付けになってました。

肩が凝ってます。
手が震えました。

しばらくトラウマになりそうです。


怖かった


でも
ゆばちゃんは
元気ですので
ご安心ください

今日病院で
少し歩いていました。

今朝は
自分で立ち上がって
ぷんこさんしました。ゲリピーだったけど

ゆばちゃん
保護したときは
お鼻がカラカラで
頭も上げられなかったけど

今はお鼻は健康的にツヤツヤで
頭も上げられるようになってます。


完全に回復傾向にあります。

このままがんばって
里親探しできるくらいにまで
なってくれたらいいな


取り急ぎご報告です。


スポンサーサイト
[ 2013/11/30 23:01 ] ゆばちゃん | TB(0) | CM(-)

ゆばちゃん急きょ手術です


ゆばちゃんのお尻が汚れていたので
拭いてあげようとすると

ゆばちゃん
嫌がって
勢いで
立ち上がる





そして
倒れる・・・





立てないわけではないけれど
立っている姿勢を維持できないようです。
このまま数歩歩くこともあります。

でも
すぐバタッと倒れてしまう・・・

やはり
ほぼ寝たきりです。

排泄も
出始めれば出すことができる

という感じです。




今朝がとても寒かったせいか
ゆばちゃん
鬼のようなゲリピーです。

仕事から帰ってきて
ゆばちゃんのお部屋に入ったら
すごい光景・・・


敷いているタオルを替えても替えても
汚れる汚れる

いただいたタオルケットや敷物が
さっそくフル稼働しています。
ありがとうございます!!!


そして
ゆばちゃん

腹部になにかよろしくないデキモノがあり
現在
ヒート中ですが
急きょ手術することになりました。

乳腺腫瘍もあるので
ついでにとってしまおう。


お尻の汚れは
ちょっと拭いてみたら出血したので
先生に診てもらったら
肛門腺が破裂してしまって
肛門腺炎になってしまっていました。

痛かったから
お尻拭かれるのが嫌だったんだね・・・


かなり前にできたと思われる
床ずれ痕もあって
きっとゆばちゃんは
以前から歩けない子だったようです。


こんなおとなしくて
優しくて人懐っこい子

歩けないのに
捨てるなんて


って
過去の事を言っても仕方ないので

ゆばちゃん
明日
がんばります。


次郎くん
トライアルは日曜日からになりました。

里親候補の方は
首を長くして待ってくださっています。

次郎くんも
じっかり準備して出かけようね!!!




[ 2013/11/29 22:24 ] ゆばちゃん | TB(0) | CM(-)

次郎くんトライアル決定

次郎くんは
今週末
お婿へ行くための
トライアルへと出かけることになりました

臆病で弱虫な次郎くんには
念のためマイクロチップを装着しました。


昨日病院で
みんなと仲良くしていた次郎くん
先生も次郎くんのこと大絶賛
母ちゃんは鼻が高いです




隣に写っているのはラッキーくん。
ちゃっかりカメラ目線
ラッキーは
シニア好きの心を鷲掴みする
かわいいおじいちゃん。

ラッキー長生きしてね



次郎くん
君をお届けに行ったとき
母ちゃんは号泣してしまいそうだよ。

悲しくて泣くんじゃないんだよ?


fc2_2013-11-27_15-21-55-729.jpg


かわいいなぁ・・・
一緒にいられるのもあと数日。

ゆっくりお散歩して
次郎くんとの時間を満喫しよう。






そして
ご支援物資いただいています。

クマくん里親様F様 
デオシートワイドサイズ アイムスフード、ゆばちゃん用シーザー
ブランケット、タオル、母ちゃんと旦那ちゃん用のお酒

千葉県 O様
タオル、タオルケット、敷物、アイムスフード、お手紙

神奈川県 Y様
ゆばちゃん用ベッド

栃木県 S様
亡くなったワンコちゃんが使っていた大切なベッド
かあちゃんと旦那ちゃん用のお酒
ご支援金

また、N様より毎月ご支援金をいただいていました。
通帳記入をしていなかったので全く気が付かず
申し訳ありませんでした。


ご支援金は
医療費、フード、トイレシート、サークル購入などの一部に
充てさせていただきます。

いただいた物資のご報告にモレがあるかもしれませんので
その際は申し訳ありませんがご連絡ください。



[ 2013/11/27 15:25 ] 太郎くんと次郎くん | TB(0) | CM(-)

お母さん犬と仔犬たちについて


記事にしたいことが山積みです。
ゆばちゃんのこと
次郎くんのこと
たくさんたくさん・・・

時間がいくらあっても足りない


先日この記事を書きました。

即日処分された仔犬たち

昨日この母犬を保護し
仔犬の遺体とともに
里親さんに託してきました。


fc2_2013-11-26_21-08-20-421.jpg

母犬に首輪をつけて
なでなで・・・
T先生におとなしくなでられるお母さんワンコ。

とっても辛い思いをさせてごめんね。
あなたの子供たち助けられなくてごめんね。

お母さんのいるお家のお庭に
仔犬たちは埋葬されます。

こんな形になってしまって
ごめんね。

fc2_2013-11-26_21-09-23-285.jpg


冷凍保存されていたようで
仔犬たちは
カチンコチンでした。

なんだか
よけい
苛立ちを覚えました。


こんな小さな子を
お母さんが一生懸命産んで
命がけで育てていた子を
いとも簡単に殺してしまったセンター。

なぜ
どうして

収容期限まで生かす努力をすることもなく
収容されたその日に殺してしまうなんて


センターとは
日を改めて
この仔犬たちを期限内に処分してしまった経緯と理由を
説明してもらうようにしました。


昨日もセンターの職員の説明がありましたが
自分たちの正当性を言うばかりで
話になりませんでした。


母犬から仔犬を引き離し
収容期限も守らず
収容情報にも掲載することなく
殺してしまった事を
反省はおろか
適正な対応だったと言わんばかりです。

しかも当初の説明になかった母犬が飼育放棄をした
とも言い始めました。

捕獲当日のたった数時間
その親子犬の何を見て
母犬の飼育放棄とみなし
仔犬を捕獲当日処分したのか


まったくもって理解不能です。


殺したくて殺しているのではない。

職員からでた発言です。

殺したくないなら
生かそうとなぜしなかったのか。

動物愛護指導センターと
名前がついているのにもかかわらず
愛護の「あ」の字もわかっていらっしゃらないようです。


仔犬たちの処分の方法が
安楽死であればそれでいいのでしょうか。

掲載期限を迎える前に
捕獲収容された当日
収容情報にも掲載せず
闇でこっそりと生まれたばかりの仔犬たちを処分するのは
適正な処分なのか。

また仔犬の遺体の引き渡しも
里親さんから連絡をさせろと
意味の分からない事を言われ

里親さんは
その母犬に仔犬がいることを知っていての
親子での保護をセンターには希望していたので

仔犬の遺体を里親さんが弔うのは
ごく自然な事だと考えるのはこちらだけで
センターにとっては
不自然な事のようです。

仔犬を殺してしまったうえに
仔犬の遺体の引き渡しに文句があるなんて
いったいどういう神経をもっていればそういった発言ができるのか
私にはまったくわかりません。


許してはいけないことが
起こっています。

今回あの親子犬を助けたいと申し出てくださる方がいなければ
この一件は闇に葬られていました。

これが初めてのケースではないでしょう。
今までずっと
こうやって仔犬たちを殺して
母犬の心を踏みにじってきたセンターには
心底がっかりさせられました。


とにかく
期限内に行った
不適切な子犬の殺処分について
センターには
きっちりと説明をしていただきたいと思います。










[ 2013/11/26 21:54 ] センターの子たち | TB(0) | CM(2)

ゆばちゃんの状態


ゆばちゃんは
昼間、日当たりのいい部屋に移動して
のんびり眠っています。

ドアを開けても
全く気が付かないので
相当耳は遠いようです。


昨日
ゆばちゃんを病院に連れて行って
状態を診てもらいました。


ゆばちゃんは
麻痺ではないことがわかりました。

血液検査も
肝臓、腎臓は全く異常なし。

なんとフィラリアも陰性。

発情が来ていましたが
至って健康な子でした。


白血球が3万もあり
CPKの値が高い事から
筋肉や骨の炎症が疑われ

痛みや筋肉が弱ってしまっているなどで
動けないのかもしれない
と言う事でした。

もしかしたら
今後は立てるようになるかもしれません。


排泄は
相変わらず刺激しないと自力では出せないし

食事やお水を飲むときも
頭を起こして
顔の近くまで持って行ってあげないと
食べられないので
介助は必要ですが

とても元気で
よくご飯を食べます。

保護してたった3日ですが
どんどん元気になっている気がします。


看取ろうと思って保護をしましたが
状態は悪くないようで
まだまだ元気に頑張ってくれそうなゆばちゃん。


立って歩けるようになるように
なったらいいね!!!


たくさんの皆様からメッセージをいただきました。
ありがとうございます。
必ず返信いたしますので
お時間をください。
申し訳ありません。

ゆばちゃん。
右目は白内障でほとんど見えないし
お耳も遠いけど

とても優しくて
いいおばあちゃんです。

たぶん11歳とか12歳とか
麦おばばと同じくらいの
ゆばおばばです。










大きなあくび


何日も用水路にはまっていて
日光なんてすごく寒いのに
よく生きてたね
シニアなのにがんばったゆばちゃんは
すごい生命力の持ち主だったようです。


ゆばちゃんは
サイズが大きすぎる首輪を
針金でグルグルに締め付けて調整してあって
毛がすごい絡みついてて
外すのにものすごく苦労しました。

どんな飼われ方をしていたんだろう。

シニア犬らしい
穏やかで
ちょっと頑固な
かわいいおばあちゃん

どんどん元気になってね

[ 2013/11/23 22:58 ] ゆばちゃん | TB(0) | CM(-)

即日処分された仔犬たち



今日ゆばちゃんを病院に連れて行って
検査をしたところ
ゆばちゃんは
なんと
とてもとても健康体でした。
なぜ寝たきりなのか
わからないほど・・・

また後程記事にします。


今日は
栃木県動物愛護指導センターで
許されないことが
闇でこっそりと行われていた事が発覚したので
それを記事にしたいと思います。


わが家のスーちゃんとこんぶの助け親である
西那須野いぬねこ里親会
ある相談者さんから
愛護センターに収容されてしまった親子犬の保護依頼が来ました。

その相談者さんは
近所に住みついた野良犬を保護して
自分で飼おうと覚悟をしていらっしゃる方でした。

餌付けをして馴らしながら
捕獲をしようとした矢先
その野良犬が仔犬を産んでしまい

近隣住民が行政に通報したため
愛護センターに収容されてしまった
との事でした。

相談者さんはその野良犬はある程度自分に懐いてきているので
なんとか助けたいと言う事だったので
西那須野いぬねこ里親会さんに代わり
センターに譲渡登録している私がその野良の親子犬を引き出し
その相談者さんへ
譲渡するということになりました。

こちらの子です↓

http://www.tochigi-douai.net/html/stray/dog/2013-11-0069.html


収容情報をみると
仔犬の姿がありませんでした。
仔犬は生後せいぜい1週間程度。
一緒に写っていてもおかしくないはずなのに・・・


この子の相談を受けたのが
11月21日の夕方17時半過ぎ。
愛護センターにはもう電話は通じないので
担当者にメールをしました。

時間は11月21日18時11分

生まれたばかりの仔犬がいると聞いていたので
早く保護をできればと思い
電話をかけてもらうようにメールをしました。

通常であれば
この時間は職員はまだ残っていて
メールが返ってきたり
電話がかかってきたりするのですが
なんの連絡もないまま
今日を迎えました。

今朝、センターに電話をかけると
この親子犬について
とんでもない答えが返ってきました。


仔犬3頭は確かに母犬と一緒に捕獲された。
しかし
母犬はまったく人に馴れておらず
近寄ることもできなかったので
なんとか母犬と一緒に期限まで生かしたいと
努力はしたけれど
この状態では管理ができないと判断し

仔犬3頭は安楽死による
殺処分を行った。


という内容でした。

いつ処分になったのかという問いに

11月19日に処分した。
という事でした。


11月19日というのは
この親子犬が捕獲された日です。
掲載期限は本日11月22日。

掲載期限を待たず
収容されたその日に殺処分・・・・

まだまだお母さんと一緒にいたかったはずの
生まれたばかりの仔犬たち・・・

殺されてしまいました。

お母さん犬は今
どんな思いをしているでしょう。

身を削ってまで作られる母乳を飲むわが子は
もう殺されてしまっているのに

せっかく痛い思いをして生んだのに




仔犬も含め
野良犬だろうとなんだろうと
捕獲された動物は
収容情報に載せていると思っていたのは
私だけでしょうか。

野良犬が生んだ子の扱いは
こんなにひどい扱いだったなんて・・・

今までも
私たちが知らないところで
こういった処分が行われていたのかもしれません。


今後も
こういった事例が起きた場合
また同じような事をするのかという問いに

管理ができない場合は
そうするしかない。


という返答でした。


母犬から
仔犬を奪い取ってまで殺処分。

仔犬を母犬から奪い取ることができるのに
管理が難しい?????

たくさんの疑問が残る殺処分。


しかも
その母犬を
今日引き出したいを伝えたところ

収容情報は
本来の飼い主さんを見つけるための物なので
掲載期限内での譲渡はできない


言われちゃいました。

仔犬は
あっという間に殺したくせに。

センター側はこの母犬が野良犬だと認識していて
飼い主なんていないのも
分かっているはずなのに

表向きの規則だけは
必死で守りたいようです。

仔犬は
すぐに殺したくせに。

動物愛護法は
どこにいった???



センター側から
昨日のうちに返答がなかったのは

仔犬を掲載期限内に
殺してしまったなんて

とんでもない事をしでかしたので

その言い訳を
考えていたのだと

穿った見方をしてしまいます。


こんなことが
まだ行われていたことに
とてもとてもがっかりしています。

ちょっとはマシになったと思っていたのに。

裏切られました。
もう
センターを信用しません。


安楽死だろうと
ガス殺だろうと
この子達の生きる権利を無視して
殺したんだ。





[ 2013/11/22 23:16 ] センターの子たち | TB(0) | CM(8)

寝たきりのワンコゆばちゃんとタオルケット等くださいのお願い。


昨日ブログに書いた通り
新たにワンコを保護してきました。


日光で捕獲されたので
ゆばちゃんと名付けました





疥癬かもなんて疑っていましたが
たぶん大丈夫なんじゃないかと・・・

明日検査しますが
毛のタバタバ感はただの抜け毛が絡まったものでした。

ちょっと引っ張ってみただけで
こんなに取れた



たくさんのトゲトゲくっつけて
まだまだ取りきれなくて
いったん休止

この子は
最低でも3日間
寒い日光の用水路?側溝?に倒れていたのだそうです。

こんな状態の子が
自分で歩いて
用水路に落ちたなんて
ありえない。

だって

自分では何もできない子です。
歩くことも
食事も水を飲むことも
身体を起こしてあげないと
できません。

排泄だって
圧迫しないと出せないし。
垂れ流しの方が
ゆばちゃんにとって楽なのにね。

下半身麻痺というか
手足の一部とちょっと顔を起こすくらいの機能以外
すべてが麻痺しているようです。
脊椎やられちゃってるのかな??

床ずれを作らないように体転すると
すごく嫌がります。
抱っこもちょっと姿勢を間違えると
鳴いてしまうし。。。
沈みの深い敷物に寝かせても
嫌がるし・・・

どこかが痛いのかもしれないので
今日は最低限のケアで様子を見よう。

とりあえず
明日病院で診てもらいます。


ゆばちゃんはとりあえず隔離部屋にいるのですが
部屋に行くとこんな風に寝ていて




死んじゃったのかと思うくらい
すごく静かに眠るので
かなりびっくりします


息をしているか
お腹をじっと見てしまう


私が部屋に入ってきたことも気が付かないので
耳が遠くなっているのかも。

歯を見てもそこまでハイシニアって感じでもないんだけど
状態はあまりよくないです。

食欲はあるので
状態が悪いってわけでもないのかも。


温めたデビフ缶
ペロッと食べてくれたしね。

くっぱ君の里親様のご実家のワンコが
18歳という大往生で先日亡くなってしまったそうで
その子の遺品をいただいていました。

ゆばちゃんに遺品のフード
使わせていただいています。

缶詰に混ぜてあげたら喜んで食べていました。
ありがとうございます。



そして
タオルケット、バスタオル、薄手の毛布を譲ってください。
長座布団など、敷物に使えるものも譲っていただけませんか?

新品の物でなくても
清潔で極端に古くなっていなければ
使わせていただきたいと思っています。
また、お願いをしておきながら申し訳ないのですが
洗ってある物をお願いいたします。


メッセージはトップページもしくは右のサイドバーからお願いいたします。

また、メッセージの返信に時間がかかってしまう事があります。
かならず返信しますので少々お待ちください。


さてとーーー湯たんぽこさえるかな。

今日は早く寝よう。




[ 2013/11/21 23:05 ] ゆばちゃん | TB(0) | CM(-)

看取るための保護



わが家の保護犬が減らない一方で

収容情報は相変わらず。
悲しそうな表情をした子達が
目に飛び込んできます。



いつ里親さんが見つかるかもわからない
もしかしたら一生見つからないかもしれない
雑種成犬の保護は本当に厳しい。

そのうち見つかるだろう
だってこんなにいい子なんだもん!!
なんて
楽観的になれないのが現実で


これ以上保護犬を増やしたら共倒れだと
わかっているから

長期戦になる雑種の子を
保護することができないでいます。


でも
居た堪れなくて

わが家の
保護犬の頭数が減るまで

看取りの保護をしていこうと
決めました。

里親探しから脱線してしまうけど
今の私にできる事は
ワンコたちにしてあげられる事は
これくらいしかない。


覚悟を決めて
収容情報から
目的の子について
センターに確認を取ると

亡くなってしまっていました。

今朝、愛護センターで職員さんに見守られながら
天国へ旅立ったそうです。


http://www.tochigi-douai.net/html/stray/dog/2013-11-0066.html

遺棄されたにおいがプンプンする子でした。
高齢で世話ができなくなって
捨てられたのかもしれません。

ガスで処分されず
愛護センターの職員さんに看取られて
ある意味で他の子よりは救われたよね。

もっと早く私が連絡していれば
しっかりした治療を受けさせてあげられたかもしれないね。
ごめんね。


でも
もう1頭
気になる子が収容されていました。
気持ちが沈み込む前に
その子についても確認してみると

下半身麻痺があるようで
どうも
介護が必要になりそうです。

しかも
なんか
疥癬チック・・・


側溝に落ちていたんだとか。

その子も
遺棄された感たっぷりの子。

下半身麻痺の子を捨てるって
どーーーいうこった???!!!!



垂れ流し上等!!!

雑巾ならたくさんあるし!!!

シニア犬大好物ですわい!!!


ガス処分なんて
させないもんね!!!

猪突猛進。
前進あるのみ。



明日保護予定です。
またご報告させていただきます。


介護経験のある皆様
色々ご教授くださいm(_ _)m



[ 2013/11/20 21:27 ] センターの子たち | TB(0) | CM(-)

自分にできる事

今の私にできることは

看取ることなのかも

って
収容情報を見て
思った。

うん。
それしかできない
[ 2013/11/20 01:39 ] センターの子たち | TB(0) | CM(2)

くっぱ君来場と里親会とスーちゃんのゲリラ的げりぴー



昨日の里親会は
暖かくていい天気に恵まれました。

会場は今までないくらい
たくさんの子達が参加していました。

みんな幸せゲットできるといいね


さて
昨日は会場に
くっぱ君の里親様がくっぱ君を連れて来てくださいました

くっぱ君相変わらず
かわいい声でお返事してくれて

久しぶりに聞いたかわいい声
元母ちゃんはとってもうれしかったよ
いつもあの声で甘えているのかな?


FF検査のため
くっぱを助けてくれた先生にも
会いに行ってくださったのだそう
かかりつけの病院は別にあるのに
わざわざご挨拶にと来てくださって

くっぱ君がとてつもなく愛されているのをみて
本当にいい里親さんに恵まれたねって
言ってくださいました。

ほんとにくっぱは幸せ者。





お布団に包まれて
幸せそうな寝顔が
どれだけ幸せか
物語ってます。





日向ぼっこも
最高だね。

くっぱ君
これからも幸せに

早朝から鳴いて
お母さんとお父さんを起こさないであげてね


そして里親会には
ことちゃん、次郎くん、ミミちゃんを連れていきました。

ことちゃんは
先日家にChirotaさんが来たときに
Chirotaさんの前でも
シートでちゃんとぷんこさんできたので
これならいけるかも
と変な自信がついた私は
思い切ってことちゃんを連れて行ってみました。

最初こそブルブルがたがただったのに
だんだん慣れてきたら
オヤツも食べられるようになって
意外と順応性の高さを見せてくれたので
ことちゃんは
私が朝から里親会に出られるときは
連れて行こうかと
思っています。

ミミちゃん
ことちゃんをよろしくね





後ろを向いているのは
シーちゃん。
県外の方が保護してくださっている子です。
ラブラドールみたいなダックスみたいな???
きれいな毛並みの女の子。
シーちゃんも美人さんです。

ビビりだけど
いい子ですよ



そんで~~~

スーちゃん
昨日の朝から突然
お腹がピーピーになっていて

朝だけではなく
夕方も
またひどい下痢、血便をしました。
元気もあるし
食欲もありそうだったけど

結構な血便だったので心配で
またもや
休診の時間に
先生に診てもらいました

ほんと
空気読めない患者でございます。

仕方ないとはいえ
すみませんとしか
言えませんね

スーちゃんの下痢は
芽胞菌がいるのが原因のようで
お薬をもらって
帰ってきました

帰ってきてからも
しばらく下痢を繰り返していたけど

昨日の深夜から
下痢は治まって
いまは落ち着いています。

ひどい下痢だったせいか
まだスーちゃんはぷんこさんしてませんが
ピーピーよりはましかな??

昨日はスーちゃんのゲリラ的下痢で
てんてこ舞いな母ちゃんでした


なんか
下痢ばっか連呼して
すみません




[ 2013/11/18 23:13 ] くっぱ君 | TB(0) | CM(-)